虫歯

HOME > 虫歯

虫歯の分類・特徴と治療法

分類 特徴 治療方法
初期虫歯
まだ歯に穴はあいていません。歯の表面が白いが奥歯の溝等が黒くなっている。痛みもないので歯科医院でないと発見は難しい。
フッ素とキシリトールを利用し、歯を再石灰化させる。
(医師による治療はありません)
歯を削らないので痛みのない治療が可能です。
歯の表面のエナメル質が溶けはじめて穴があいたもの。痛みがないので歯科でないと発見が難しい。 放置すると進行してしまうので、削って詰める治療が必要。削る部分は最小限で治療が出来ますが、しっかりと経過観察を行うことが必要です。
エナメル質の下にある象牙質に達した虫歯。
まだ神経に達していないので強い痛みはないが冷たいもの、甘いものなどが染み始めます。象牙質は虫歯の進行が早いため早急な治療が必要です。
虫歯に侵された部分を削って型取りをし、出来上がってきたものをとめる治療。
麻酔が必要なこともあります。
虫歯が神経に達し、歯髄炎を起こした状態。
歯根膜に炎症が起き、歯根膜炎になることも。いずれも、ズキズキと激痛があることが多い。
麻酔をして、歯を大きく深く削り、神経を取り除きます。
神経が死んでしまった状態。神経が死んでしまっているため痛みは軽減しますが、虫歯菌が血管を通り心臓病や腎臓病を引き起こすこともあります。 多くの場合抜歯する事になります。他の歯に影響が出ることも多いので早急な治療が必要です。
虫歯の分類がC3の場合には、神経まで進行した深い虫歯の治療には神経を取り除く治療が必要になります。
神経を取り除けば痛みは治まりますが、治療の途中で放置してしまうと歯がボロボロになってしまい最終的には歯を抜かなければならなくなることもあります。
しっかり治療出来るように根気よく治療しましょう。

虫歯の治療前の状態

歯の根の中に沢山のバイ菌が住みついている状態になっています。
このまま放置してしまうと、歯の全体が腐ってしまいます。
骨の中に膿が溜まっていることもあります。
こういう状態のときは歯がズキズキと痛みます。

虫歯治療の流れ

すでに虫歯菌が神経と血管の入っている部分に侵食している場合は、丁寧に掃除と消毒を繰り返します。膿が溜まっている場合は膿がでなくなるまで何回もしっかりと掃除と消毒を行います。この時点で痛みは治まってきますが、ここで治療を中断してしまうと、また虫歯菌が住みつき、治療前の状態よりも悪化してしまい骨の中に膿が溜まってしまうこともあります。
掃除と消毒を繰り返したら、中に防腐剤を詰めて、芯になる柱を立てます。ここで治療を中断してしまうと、歯並びやかみ合わせにも悪影響を及ぼし、柱と歯の境目から虫歯になってしまうことがあります。
最後に、型取りをして、かぶせものを作ってから装着すれば、しっかりと咬めるようになります。
治療が完了した後は、再び虫歯にならないように、定期的な歯科検診を受けてしっかりと予防していきましょう。
こう歯科クリニック
住所:大阪府大阪市港区築港3-5-7
TEL:06-6573-6817
E-mail:info@koo-dental.com
休診日:日曜備・祝日
木・土曜日は午後1時まで
診療時間
AM 9:00~PM 12:00
PM 2:30~PM 7:30 × ×