歯周病

HOME > 歯周病

歯周病とはどんな病気?

歯周病は、本人が気づかないうちに歯ぐきの骨がなくなってしまう病気です。
歯周病とは、歯の表面に歯垢(プラーク)が付着し、歯垢は、取り除かずそのまま放置すれば固くなって歯石に変化して、歯の表面に付着します。その中の歯周細菌が歯肉に炎症を引き起こして、歯を支える土台である歯周組織や歯を破壊し、骨を溶かしていく病気で、歯を失う原因になってしまうこともあります。
主な原因は歯垢(プラーク)ですが、糖尿病などの全身の病気や、タバコ、ストレスや不規則な生活等の生活習慣が歯周病をひきおこしたり、悪化させる原因にもなってしまいます。よく噛まずに食べる、夜更かしが多い、間食がおおいという方は要注意です。
歯周病の主な症状としては、歯ぐきの腫れや赤み、口臭や出血といった症状が起こります。
痛みなどの自覚症状がほとんどなく進行するので、サイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)とも呼ばれていて、知らないうちに症状が悪化してしまうケースがよくあります。
歯と歯ぐきのすき間(ポケット)もなく、歯ぐきがひきしまっているのが健康な状態です。 歯ぐきが赤く腫れ上がり、歯を磨いたりカタいものを食べると出血することもある。 ポケットの炎症が慢性化して、骨が溶けはじめる。口臭もあり、歯が浮いたような感じがする。 歯根を支えている骨がほとんど溶けてしまう。歯根が露出し歯のグラつきがひどくなる。
歯と歯ぐきのすき間(ポケット)もなく、歯ぐきがひきしまっている。 歯ぐきが赤く腫れ上がり、歯を磨いたりカタいものを食べると出血することもある軽度歯周病。 ポケットの炎症が慢性化して、骨が溶けはじめる。口臭気になり、歯が浮いたような感じがする中度歯周病。 重度歯周病になると、歯根を支えている骨がほとんど溶けてしまう。歯根が露出し歯のグラつきがひどくなる。

歯周病はどのように進行する?

歯周病治療の流れ

レントゲン撮影
レントゲン撮影をして、歯を支える骨の状態や、歯ぐきの奥の歯石をチェックします。
染め出し
歯の表面についているプラーク( 細菌) を専用の薬剤を使ってチェックします。
写真撮影
治療前の歯ぐきの状態や歯石の付着状況を撮影し、保管します。
ポケット検査
専用の器具を使って歯ぐきの溝( ポケット) の深さを測ります。
歯垢の取り除き
ブラッシングでは取り除くことができない歯垢を専用の器具を使ってていねいに歯の表面を傷つけないように取り除きます。
再検査
歯ぐきの奥にある、目に見えない部分の歯石やプラーク( 細菌) を取り除きます。特に深い部分に歯石がある場合には、麻酔を使用することがあります。歯石を除去する際、出血をすることがありますが、歯ぐきの腫れによるものです。専用の器具を使って歯ぐきの溝(ポケット)の深さを測ります。

歯周病の予防

ご自宅で出来る予防
・自分に合った歯磨き(ブラッシング)の方法を習得することでプラークコントロールをする。基本は毎日の歯磨きです。また、自分に合った歯ブラシや、歯間ブラシ、デンタルフロスなども正しい使用方法で使いましょう。
・規則正しい食習慣を身に着けて、間食やだらだら食いを控える。
・バランス良く栄養をとり、ゆっくりとよく噛んで食事をする。



・自分に合った正しいブラッシング方法を知りましょう。
・だらだら食いや間食を控え、規則正しい食習慣を身につけましょう。

歯科医院で出来る歯周病予防
・自覚症状がでてからでは治療にも時間と費用がかかります。定期的に歯科健診を受け、衛生士によるブラッシング(歯みがき)指導と定期的な歯の掃除をする。
こう歯科クリニック
住所:大阪府大阪市港区築港3-5-7
TEL:06-6573-6817
E-mail:info@koo-dental.com
休診日:日曜備・祝日
木・土曜日は午後1時まで
診療時間
AM 9:00~PM 12:00
PM 2:30~PM 7:30 × ×