ホワイトニング

HOME > ホワイトニング

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには主に3種類の方法がありますが、どの方法であっても、虫歯などは治療し歯の表面の汚れをクリーニングで落としてから行います。
種類 特徴 メリット デメリット
オフィスホワイトニング 歯科医院で行う方法です。
歯の表面に特殊な薬剤を塗り、レーザーを照射して薬剤を活性化させ、短時間で歯を白くします。お急ぎの方におすすめです。
・即効性がある。
・短時間で歯が白くなる
・色の戻りが早い
・施術後に痛みを感じる場合がある
ホームホワイトニング ご自宅で行う方法です。
お口の中の方を取り、専用のマウスピースを作成します。マウスピースに薬剤を塗り毎日装着することで、2~3週間かけて歯を白くしていきます。
・毎日好きな時間に自分のペースでできる
・時間がかかる分、後戻りが少ない。
効果が表れるまでに時間がかかる
デュアルホワイトニング オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法。単独方法よりもそれぞれの利点を最大限に引き出すので、時間短縮と歯の白さの安定の効果を生み出します。 / /

歯はどうして変色する?

歯は、もともと真っ白ではなくて、わずかに黄みをおびた色をしています。もともとの歯の色は、肌の色が人によって異なるのと同じように個人差があります。
色の濃い食べ物や飲み物(コーヒーや紅茶、赤ワインなど)は歯に色素や汚れがつきやすくなります。歯の表面についた汚れによる変色は、ブラッシングではなかなか元のいろにもどせないのですが、ホワイトニングを行うことで歯本来の白さを取り戻すことも可能です。
ただし、歯の内側から変色した場合はクリーニングで白くすることは出来ません。

原因
・コーヒー、赤ワイン、タバコなど色素の濃いものを日常的に摂取する
・虫歯などで神経が死んでしまった、金属の詰め物によって変色を起こした
・歯の磨きすぎ、歯ぎしり、加齢などで歯のエナメル質が薄くなり、内側の象牙質が透けている
・幼児期に抗生物質を摂取したり、先天性代謝異常症や遺伝性疾患が原因で起こる変色

ホワイトニングってどういうもの?

プラスチックやセラミックといった人工的な材料で変色を被い隠すのではなく、特殊な薬剤を使って歯の中の色素を分解させる方法なので、歯を削らずに“自然な白さ”を得ることができます。
アメリカでは大変ポピュラーな方法ですが、近年日本でもホワイトニングを行うための薬剤が厚生労働省で認可されたことにより、ホワイトニングを希望される方が増えてきました。
こう歯科クリニック
住所:大阪府大阪市港区築港3-5-7
TEL:06-6573-6817
E-mail:info@koo-dental.com
休診日:日曜備・祝日
木・土曜日は午後1時まで
診療時間
AM 9:00~PM 12:00
PM 2:30~PM 7:30 × ×